つらい目のかゆみ・くしゃみ・鼻づまり 花粉症治療


当クリニックでの花粉症治療


当クリニックでは点眼薬と内服薬を用いて治療をおこなっていきます。

花粉症予防と治療の流れ。1)抗アレルギー薬を花粉症の流行する時期の2週間前から予防として使用。2)花粉症の時期に入り、症状が抗アレルギー薬で抑えられない場合はアレルギー症状に即効性のある抗ヒスタミン薬に切り替え。3)アレルギー症状が辛い場合は、ステロイドを使用(ステロイドは症状が収まったら、使用を中止します)

それぞれの薬について簡単にご紹介します。



予防に効果のある 抗アレルギー薬


インタール、リザベン、アレギザール (点眼薬でも同名のものがあります)

かゆみの原因物質であるヒスタミンの発生を予防します。

効果が出るのは使用開始から数日〜2週間かかると言われています。
抗アレルギー剤は長い期間使え、眠気が出にくいのが特徴です。

ただし、服用を中止してしまうと、再び効果が出るまでに時間がかかります。その間症状を我慢しなくてはいけなくなってしまいますので、花粉症の季節が終わるまで継続することをお薦めします。



今あるかゆみに効く 抗ヒスタミン薬


リボスチン点眼液、ザジデン点眼液
内服薬ではアレグラ、ジルテック、ザジデン、アレジオン・・など


出てしまったかゆみの原因物質(ヒスタミン)が体の中で悪さをするのを押さえます。即効性があります。

内服薬は眠くなるものもありますが以前にくらべはるかに眠くならないようになっています。眠気が出にくい薬の処方も可能ですのでご相談下さい。



酷いアレルギー症状に効く 抗ヒスタミン薬+ステロイド配合薬


アレルギー症状が特にひどい方に使います。
ステロイドといっても、用法用量を守っていただければ、特別危険はありません。

但し、長期の使用はお薦めできませんので、症状がひどくて我慢できないなど、必要なときだけ使用されるとよいと思います。

万が一副作用が出る可能性もゼロではありませんので、医師の診察を定期的に受けながら使用しましょう。



花粉症は日常生活にも影響がでる辛い症状です。
まずはアレルギー症状の予防、また出てしまった症状にはきちんと状態にあった治療を行うことで大きく緩和されます。

なるべく早めの受診をおすすめします。



  • 茨城県 古河市 かとう耳鼻咽喉科クリニック HOME
  • 茨城県 古河市 かとう耳鼻咽喉科クリニック 診療内容のご紹介
  • 茨城県 古河市 かとう耳鼻咽喉科クリニック コラム
  • 茨城県 古河市 かとう耳鼻咽喉科クリニック スタッフと設備のご紹介?
  • 茨城県 古河市 かとう耳鼻咽喉科クリニック インターネットからの順番予約
  • 茨城県 古河市 かとう耳鼻咽喉科クリニック インターネットからの順番予約

 携帯での時間予約はQRコードをご利用ください

初診問診票
花粉症用問診票
↑をクリックするとそれぞれのPDFファイルが開きます。印刷後、記入してお持ち頂くと待ち時間の短縮になります。
かとう耳鼻咽喉科クリニック
茨城県古河市
下大野2917番地 1

駐車場約35台分

>詳しい地図はコチラ

このページの先頭に戻る